出っ歯の歯科矯正

出っ歯の歯科矯正について

出っ歯の歯科矯正の方法

近年、食べ物の影響もあり、歯並びが悪くなる傾向が多くなりました。その中でも出っ歯は、口がうまく閉じられない、からかいの対象になるなどコンプレックスを抱く人が多々いるようです。歯科矯正をして歯並びを治す人も増えています。その場合、歯を移動させるので、親知らずを抜いたり、前歯の大きさにより、他の歯を抜歯することもあります。またマウスピースを就寝中に装着して、歯を移動させて並びをきれいにすることもあります。歯科医院に頻繁に通うことになり、手間と費用はかかりますが、徐々に歯並びが良くなっていくのをみて、喜びを感じる人も増えています。

見えにくい治療を行う矯正歯科

矯正歯科では、叢生や顎の前突といったさまざまなタイプの不正咬合を治療しています。歯並びを治す理由の上位にあがるのは、見た目をれいにしたいという審美面です。しかし、治療中に金属の装置などが歯に装着されることに抵抗感を感じる人もいます。最近の矯正歯科では、特に成人の患者さん向けに透明の装置や歯の裏側に装着する装置、マウスピース型の装置などを使って他人から見えにくい治療を行うクリニックも増えてきています。接客業などで、目立つ装置が長期間歯に装着されることを考えると治療に踏み切れないという方も安心して受けられる方法が導入されています。

↑PAGE TOP