歯科矯正と乱杭歯

歯科矯正と乱杭歯について

矯正歯科で受ける乱杭歯の治療

乱杭歯は叢生とも呼ばれ、歯に対して顎のスペースが小さかったり歯が大きいために歯が重なり合って並んでしまう咬合の異常です。矯正歯科では、いろいろな方法で歯並びや咬み合わせの異常を調整しています。歯並びや咬み合わせの治療は、小児期から成人期まで可能です。ただ、小児期では顎の骨が成長段階にあり、その成長を利用して乱杭歯の治療をすることが可能です。小児期では、第1期の骨格治療として顎の骨を広げて歯が並ぶスペースを確保する治療ができます。永久歯が生えそろってからの治療は第2期の歯列治療と呼ばれ、矯正歯科では症例に合わせた器具を装着して歯を動かします。

歯列矯正の様々な種類とは

歯科ではお口の中のいろいろなトラブルに対応しています。歯列矯正もその一つです。その方法は、歯やアゴの骨に力をかけてゆっくりと動かして、歯ならびと噛み合わせを治していくというものです。悪い状況を放っておくと、虫歯や歯周病、口臭などの原因になるだけではなく、歯を見せるのに抵抗感が出てきて笑顔が減ることになります。笑顔が減るということは印象を悪くするだけでなく、物事に向かう姿勢も消極的になりかねません。また、よく噛まずに飲み込むと消化不良や肥満にもつながることになり、全身の健康問題に発展しかねません。矯正方法はたくさんの種類があります。自分に合っている続けやすい方法を、歯科で相談してみませんか。

↑PAGE TOP